京都ダート未勝利

回収率100%以上の前走コース(京都ダート未勝利)その2

投稿日:

年間プラス収支を目指す「回収率100%の間」

今回は前回の続きで京都ダート未勝利戦で前走コースから回収率100%のデータを紐解いていきます。

前回のブログで京都ダート1400mと京都ダート1800mを使った馬は件数も多い中、単勝回収率が100%を超えていた事からもっと紐解いていこう、という事で前回は京都ダート1400mについて調べました。

今回は前走京都ダート1800mについて調べてみます。

前走京都ダート1800m

データは前回と同じく2015年~2017年の3年間となります。

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
前走2着  12- 22- 10- 32/ 76 15.8% 44.7% 57.9% 25 75
前走3着  16-  9-  6- 36/ 67 23.9% 37.3% 46.3% 102 103
前走4着   5-  6-  8- 29/ 48 10.4% 22.9% 39.6% 61 87
前走5着   4-  9-  6- 35/ 54 7.4% 24.1% 35.2% 87 82
前走6~9着   8-  8- 24-158/198 4.0% 8.1% 20.2% 193 139
前走10着~   4-  5-  7-146/162 2.5% 5.6% 9.9% 60 122

先ずは前走着順から。

回収率をみると、前走1400mと同じく前走3着馬と6~9着馬が回収率100%超え。前走3着馬は複勝率は前走1400m3着馬より劣りますが、勝率では上回っており、回収率は単複ともに100%超え。これはもっと調べたほうがいいでしょう。

単勝オッズでみると2.0~10.0倍以内に勝ち星が集中。16勝の内14勝がこのオッズ内で収まっていました。

逆に10倍以上の場合は勝ち馬がいないものの複勝なら回収率100%を超えていましたので、前走3着という実績以上に高いオッズが期待できる着順は注目です。

前走京都ダート1800m3着だった未勝利馬の今走の京都ダート距離別成績も確認しましたが、その殆どが京都ダート1800mだったので割愛。まれに1400mに距離短縮で参戦している馬がいましたが、まったく振るいませんでした。

最後に京都ダート1800mで前走6~9着馬について。

これは結論からいうと、下記の条件に当てはまった時のみ「買い」だと思います。

それは、

1、今走京都ダート1800mで前走4コーナー通過順2番手以内【2-1-2-12】

2、1に該当し更に前走勝ち馬とのタイム差は2秒以内【2-1-1-6】

これで回収率は単複共に100%オーバー。先行力があればこれぐらいのタイム差は簡単に巻き返してしまいます。

着順は兎も角、積極的に先行できる馬は一発の魅力に溢れています。実用的なのは前走3着馬ですが、もし見かけたら押えておいて損はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

-京都ダート未勝利

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

回収率100%以上の騎手(京都ダート1200m未勝利)

年間プラス収支で終わりたい為の 「回収率100%以上のデータ集」 今回は京都ダート1200m未勝利戦に絞って2017年回収率が100%以上だった騎手を挙げていきます。 今回は騎乗回数10回以上の騎手に …

回収率100%以上の前走コース(京都ダート未勝利)その1

年間プラス収支を目指すデータ集「回収率100%の間」 今回は前走コース別成績を出してみます。調べてみると意外とこのデータ使えそうです。 先ずは、京都ダート未勝利戦で単勝回収率100%以上の前走コース別 …

カテゴリー